池田啓介 写真巡回展

池田啓介 写真巡回展 -Happiness Journey 12-
2014年1月10日~1月13日




12年に亘る撮影の旅は、人々の幸せを捜し求める探求の旅だった。

これまで自分は何を撮ってきたのか?これから何を撮っていくのか?さらに前進する為に、しっかりと過去を振り返ろうと思った。アジアを放浪していた頃の初期シリーズ「子どもたちの頃」から、02年から撮り続けているシリーズ「Slum Walker」、そしてスタートしたばかりの「笑うスラム」まで、過去12年間に撮影してきた代表作品を中心に展示を致します。

LAMACoffee/LAMASpace
12:00~20:00(l.o19:30)水曜休
池田啓介
1976年 神奈川県生まれ。
1999年に大阪体育大学体育学部を卒業。大学卒業後はスポーツインストラクターとして就職するも世界放浪の夢を叶えるべく僅か2年で退社。2000年よりアジアを中心とした放浪を開始する。同時に趣味だったカメラを片手にアジア各国の子どもたちの撮影を始める。旅の中で出会った宮田久也氏との縁で2002年にNGOチャイルドドクターのカレンダー写真撮影の為に初めてケニアを訪問し、首都ナイロビに広がるキベラスラムに大きな衝撃を受ける。この時の撮影を切欠に世界各国の「スラムに暮らす人々の日常」の撮影を開始する。スラムでの撮影を続けるうちに報道される影の部分ばかりではなく、スラムに暮す人々の幸せといったポジティブな部分について興味を抱き、考えるようになる。現在は、「笑うスラム」と題して人間の幸せを探求しつつ撮影にあたりながら、週刊誌・雑誌を中心に現地ルポを精力的に発表している。

国際ジャーナリスト連盟:International Federation of Journalists-JAPAN会員

■主な写真展
2004年  「子どもたちの頃」nesia/藤沢
2005年  「もうひとつのケニア」nesia/藤沢
2006年  「LAMU」free culture/藤沢
2007年  「MONGOL~マンホールに暮らす人々~」nesia/藤沢 
2007年  「ナイロビ~スラムの行方~」 コニカミノルタプラザ/新宿
2010年  「 A Scene of Kumbh Mela & Shiva Ratri」砂漠の薔薇/銀座
2011年  「Slum Walker」 新宿ニコンサロン/新宿
2012年  「Slun Walker」 大阪ニコンサロン/梅田
2013年  「Happiness Journey 12」東京・神奈川・大阪で巡回展

■コンテスト入賞歴
2007年  第8回上野彦馬賞入選
2007年  第32回視点優秀賞受賞
2007年  第27回新風舎出版賞奨励賞受賞
2008年  2007年度コニカミノルタ フォト・プレミオ入賞
2009年  第10回上野彦馬賞入選
2011年  第12回上野彦馬賞入選

■作品収蔵先
清里フォトアートミュージアム
美術館内にて図録販売有















contact


おたよりください。
lamacoffee@yahoo.co.jp

tweet